Keil Logo Arm Logo

µVision4 の概要

µVision4 IDE は、強力で最新のエディタ、プロジェクトマネージャ、および Make 機能を組み合わせた、ウィンドウベースのソフトウェア開発プラットフォームです。µVision4 には、C/C++ コンパイラ、マクロアセンブラ、リンカ/ロケータ、HEX ァイルジェネレータなど、組み込みアプリケーションの開発に必要なツールがすべて統合されています。µVision4 には以下の機能が搭載されており、組み込みアプリケーションの開発プロセスを促進します。

  • 豊富な機能を備えたソースコードエディタ
  • 開発環境を設定するためのデバイスデータベース
  • プロジェクトの作成およびメンテナンスのためのプロジェクトマネージャ
  • 組み込みアプリケーションをアセンブル、コンパイル、リンクするための統合 Make ユーティリティ機能
  • あらゆる開発環境設定用のダイアログ
  • 高速 CPU およびペリフェラルシミュレータを備えた、真に統合されたソースレベルおよびアセンブラレベルのデバッガ
  • ターゲットハードウェアのソフトウェアデバッグおよび Keil ULINK アダプタファミリへの接続のための高度な GDI インタフェース
  • アプリケーションプログラムのフラッシュ ROM へのダウンロードのためのフラッシュプログラミングユーティリティ
  • マニュアルオンラインヘルプデバイスデータシート、およびユーザガイドへのリンク

µVision4 IDE には、組み込みアプリケーションを迅速に開発して、開発を成功させるために役立つ数多くの機能と利点があります。Keil ツールは使いやすく、お客様の設計目標を直ちに達成するのに必ず役立つことでしょう。

µVision4 IDE およびデバッガは、Keil 開発ツールチェーンの中核です。µVision4 には、ビルドモードおよびデバッグモードがあります。

ビルドモードでは、プロジェクトおよびプロジェクトファイルのメンテナンス、コードの記述、ターゲットハードウェアとデバイスの選択、およびアプリケーションの生成を行います。

デバッグモードでは、統合的で強力なシミュレータを使用した、または直接ターゲットハードウェアで Keil ULINK USB-JTAG アダプタ(または他の AGDI ドライバ)を使用した、プログラムの検証およびデバッグ、またはアプリケーションの動作の解析を行います。

Keil ULINK アダプタを使用すると、ターゲットシステムのフラッシュ ROM にアプリケーションをダウンロードできます。

機能と利点

機能 利点
µVision4 シミュレータは、ほとんどのオンチップペリフェラルをシミュレートするただ 1 つのデバッガです。 稼動用ハードウェアが準備できる前に、アプリケーションコードを記述してテストできます。ハードウェア設計を最適化するために、さまざまなハードウェアコンフィギュレーションを調査します。
システムビューア機能を使用し、ペリフェラルの内容を監視できます。 ユーザ独自のビューを表示および定義し、ペリフェラルを監視します。詳細ステータス情報を取得し、システムビューアウィンドウで直接変更できます。
µVision4 シミュレータのコードカバレッジ機能は、プログラム実行の統計的解析データを提供します。 セーフティクリティカルシステムを十分にテストおよび検証できます。認証要件のために、実行解析レポートを表示および印刷できます。
ロジックアナライザ機能を使用し、変数の変化をグラフィックで表示できます。 グラフィック形式のシグナルおよび変数の変化を確認したり、依存関係または相関関係を表示したりします。
µVision4 デバイスデータベースは、ターゲットマイクロコントローラの開発ツールを自動設定します。 デバイス設定は配布され、テスト済みです。開発者はデフォルト設定が提供されるため、ツールの設定に必要な時間が実質的に短縮されます。
共通テキストシーケンスまたはヘッダブロックを挿入するためのテンプレートエディタ テンプレートを使用し、標準テキスト、ヘッダ説明、および汎用コードブロックをプログラム構造に挿入します。
コード化されたプロシージャ間をすばやくナビゲートするための関数ブラウザ 開発時間を短縮できます。この機能は、Find 関数に追加して使用します。
コンフィギュレーションウィザードは、デバイスおよびスタートアップコード設定のメンテナンスのためのグラフィカルインタフェースとなります。 スタートアップファイル全体をスキャンまたはスクロールする代わりに、GUI に似た高度な機能を使用できます。
µVision4 IDE には、VCS、CASE、フラッシュ/デバイスプログラミングなど、その他のサードパーティ製のツールが統合されています。 開発ツールおよびサードパーティ製のツールにすばやくアクセスできます。設定の詳細はすべて、µVision4 プロジェクトファイルに保存されます。
Keil ULINK USB-JTAG アダプタファミリでは、デバッグおよびフラッシュプログラミングがサポートされており、設定済みアルゴリズムファイルと共に配布されます。このファイルは、ユーザ固有のニーズに合わせて変更または調整できます。
デバッグおよびプログラミングに必要なツールは 1 つだけです。設定に無駄な時間がかかりません。
ターゲットデバッガおよびシミュレータユーザインタフェースが、同じ外観で実装されています。
習得にかかる時間を大幅に短縮できます。
µVision4 では、プロジェクトマネージャ、Make ユーティリティ、デバッガ、および最新のエディタが 1 つのユーザインタフェースに組み込まれています。 アプリケーション開発を迅速化できます。
編集時、デバッガ機能を設定できます。デバッグ時、ソースコードを変更できます。ただし、これらの変更は、プロジェクトが再ビルドされた後で有効になります。
マルチプロジェクトマネージャを使用すると、さまざまなプロジェクトを 1 つのプロジェクトファイルに統合でき、設計概要がわかりやすくなります。 論理的に依存し合っている µVision4 のプロジェクトを 1 つのマルチプロジェクトに組み合わせると、組み込みシステムアプリケーション設計の概要、一貫性、および透過性が向上します。プロジェクトは、個別に、またはバッチモードでビルドまたは再ビルドできます。
デバッグ復元ビューを使用すると、複数のウィンドウレイアウトを定義できます。 解析の必要性に最適なビューをすばやく選択できます。デバッグレイアウトは、グローバルなレベルで定義することも、プロジェクトごとに定義することもできます。画面レイアウトを再定義する必要がないため、時間を大幅に節約できます。
オブジェクトのドラッグアンドドロップ ほとんどのオブジェクトを、あるウィンドウから別のウィンドウにドラッグアンドドロップできます。表示面の範囲の任意の場所にウィンドウを移動できます。例えば、複数の[メモリ](Memory)ウィンドウおよび変数の[ウォッチ](Watch)ウィンドウを使用できるなど、柔軟性が強化されます。

Keil logo

Arm logo
Important information

This site uses cookies to store information on your computer. By continuing to use our site, you consent to our cookies.

Change Settings

Privacy Policy Update

ARM’s Privacy Policy has been updated. By continuing to use our site, you consent to ARM’s Privacy Policy. Please review our Privacy Policy to learn more about our collection, use and transfers
of your data.