Keil Logo

フラッシュプログラミング

µVision4 のプジェクト環境には、フラッシュプログラミングユーティリティが統合されています。すべてのコンフィギュレーションは、現在のプロジェクトのコンテキストによって保存されます。

外部コマンドライン駆動型ユーティリティ(通常チップベンダーが提供)を使用することも、Keil ULINK USB-JTAG アダプタを使用することもできます。フラッシュプログラミングユーティリティは、[プロジェクト](Project)→[オプション](Options)→[ユーティリティ](Utilities)で設定されます。

フラッシュプログラミングは、[フラッシュ](Flash)メニューで開始できます。または、[プロジェクト](Project)→[オプション](Options)→[ユーティリティ](Utilities)→[デバッグ前にターゲットを更新](Update Target before Debugging)を有効にすると、µVision4 デバッガを開始する前に開始できます。

詳細については、次のトピックを参照して下さい。

  • [フラッシュ](Flash)メニューの設定:外部コマンドラインベースユーティリティまたは Keil ULINK USB-JTAG アダプタを使用するための[フラッシュ](Flash)メニューを設定します。
  • ULINK コンフィギュレーション:Keil ULINK USB-JTAG アダプタのためのコンフィギュレーション設定について説明しています。
  • スクリプトの事前ダウンロード:複数のアプリケーションをプログラミングしたり、オフチップフラッシュデバイスをプログラミングするときに ULINK に必要な BUS システムを設定したりできます。
  • フラッシュアルゴリズム:Keil ULINK USB-JTAG アダプタのための独自のフラッシュプログラミングアルゴリズムを作成する方法について説明しています。
  • HEX ファイル:フラッシュダウンロードのために既存の HEX ファイルをプログラミングする方法について説明しています。
  Arm logo
Important information

This site uses cookies to store information on your computer. By continuing to use our site, you consent to our cookies.

Change Settings

Privacy Policy Update

Arm’s Privacy Policy has been updated. By continuing to use our site, you consent to Arm’s Privacy Policy. Please review our Privacy Policy to learn more about our collection, use and transfers
of your data.