Keil Logo

PC-Lint の実行

Gimpel Software が開発した PC-Lint は、アプリケーションのすべてのモジュールで C プログラムの構文とセマンティクスをチェックします。PC-Lint はバグおよび不整合の可能性のあるものにフラグを設定し明確でない、誤りのある、あるいは無意味な C コードの位置を特定します。PC-Lint を使用すると、ターゲットアプリケーションのデバッグ作業の労力が大幅に軽減されます。

お使いの PC に PC-Lint をインストールし、[ツール](Tools)→[PC-Lint の設定](Setup PC Lint)ダイアログでパラメータを入力して下さい。PC-Lint の一般的なコンフィギュレーションのサンプルを以下に示します。

[ビルド](Build)ページで正確な出力を得るには、KEIL\ARM\BIN フォルダにあるコンフィギュレーションファイルを使用する必要があります。

PC-Lint を設定したら、ソースコードをリントすることができます。[ツール](Tools)→[リント](Lint...)を選択すると、現在フォーカスのあるエディタファイルに対して PC-Lint が実行されます。[ツール](Tools)→[C ソースファイルをすべてリント](Lint All C Source Files)を選択すると、プロジェクトのすべての C ソースファイルに対して PC-Lint が実行されます。PC-Lint のメッセージは、[ビルド](Build)→[出力](Output)ウィンドウにリダイレクトされます。Lint メッセージ行の上でダブルクリックすると、エディタがソースファイルの位置に移動します。

PC-Lint の出力ウィンドウのサンプル

[ビルド](Build)[出力](Output)ウィンドウで正確な出力を得るには、コンフィギュレーションファイルに次のオプション行が存在する必要があります。

-hsb_3 // 3 lines output, column below
-format="*** LINT: %(%f(%l) %)%t %n: %m" // Change message output format
-width(0,10) // Don't break lines

各ツールセットは、特定の PC-LINT コンフィギュレーションファイルを使用します。このファイルは、コンパイラバリアントに合わせて設定されています。これらのコンフィギュレーションファイルには、前述した行など、該当する PC-LINT コンフィギュレーションオプションがすべて含まれています。さまざまなコンパイラで必要な他の PC-Lint オプションも含まれているため、次のコンフィギュレーションファイルを使用することを強くお勧めします。

PC-LINT コンフィギュレーションファイル 説明
..\ARM\BIN\CO-RV.LNT ARM7、ARM9、および Cortex-Mx の各デバイス用 PC-LINT コンフィギュレーションファイル
..\C51\BIN\CO-KC51.LNT Keil C51 および CX51 用 PC-LINT コンフィギュレーションファイル
..\C251\BIN\CO-KC251.LNT Keil C251 用 PC-LINT コンフィギュレーションファイル
..\C166\BIN\CO-KC166.LNT クラシック C16x デバイスの Keil C166 用 PC-LINT コンフィギュレーションファイル
..\C166\BIN\CO-KC166XC.LNT XE16x デバイスおよび XC20x デバイスの Keil C166 用 PC-LINT コンフィギュレーションファイル
  Arm logo
Important information

This site uses cookies to store information on your computer. By continuing to use our site, you consent to our cookies.

Change Settings

Privacy Policy Update

Arm’s Privacy Policy has been updated. By continuing to use our site, you consent to Arm’s Privacy Policy. Please review our Privacy Policy to learn more about our collection, use and transfers
of your data.